「脳卒中リハビリテーション看護」とは

脳卒中リハビリテーション看護について

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

脳卒中における救命や機能回復を促し、再発を防止するために、看護師の役割は非常に大きいです。急性期から回復期、在宅にいたるまで、患者は看護を必要としています。その看護を専門的な立場から提供できる、脳卒中リハビリテーションのスペシャリストが、認定看護師です。

脳血管疾患、脳卒中は依然として死因の上位を占めています。高齢化するほど、その疾患の危険性が高くなります。発症後に命を取り留めても、その後で障害の残るケースが普通です。病棟から在宅にいたるまで、看護師の役割はとても大きいです。看護師にとって最もやりがいのある分野の1つと言えます。その分野で認定看護師を目指すあなたの志は素晴らしいですし、日本の医療にとって、その想いは財産と言えます。しかし、1つ質問させて下さい。現在の職場で、あなたの夢は叶いますか?ご存知の通り、認定看護師になるには、2つのステップが必要です。

1.脳卒中リハビリテーション看護の実務経験
2.教育機関への入学
以上の2点です。どちらも現在働いている病院の助け無しには、実現が簡単ではありません。

■脳卒中リハビリテーション看護の業務経験

認定看護師になるには、5年の実務経験が必要です。その内3年は専門分野の実務経験が求められます。実際に教育機関に通ってみれば分かります。教育機関には全国の病院や医療機関で経験を積んだ看護職の人間が集まります。仮にあなたが経験を詐称して入学を認めてもらったとしても、授業に付いていけません。やはり今の職場でしっかりと経験を積んで、自分なりの看護観を持ってのぞまないと、得る内容も少ないです。その経験を、今の職場で積めますか?希望する専門分野を担当させてもらえなければ、いつまで経っても夢に届きません。病院の都合で、師長の独断で、理不尽な理由で、部署を転々とさせられたりしているうちに、人生はあっという間に過ぎてしまいます。

■教育機関への入学

教育機関への通学期間は、およそ半年です。その半年間は、週5日以上授業があるので、病院の勤務は不可能です。仕事を離れざるをえません。「待っているから、籍を残しておくよ」と言ってくれる、病院ですか?病院によっては、学校に通っている半年間、給料の一部を支払ってくれる場所もあります。授業料を補助してくれる病院もあります。あなたの病院はどうでしょうか?全額自費で、帰ってくる場所もないような病院だとしたら、本当にその職場で良いのですか?

認定看護師になるための夢をバックアップしてくれない職場は、認定看護師になって帰ってきても、活躍の場を与えてもらえない可能性もあります。資格を取得する前と後で、何も変わっていなかったとなれば、職場に対して不満が出てきます。もっと評価してもらえる場所、もっと自分の実力を発揮できる場所に移りたいと思うはずです。

将来的に転職をするのなら、今のうちに考えてしまった方が良くありませんか?看護職の世界には、優れた転職支援サービスがたくさんあります。今すぐ転職をしなくても登録だけ済ませておいた方が、得します。あなたの希望に沿った求人も提供してもらえるので、励みにもなります。 よく、考えて下さい。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ