「慢性呼吸器疾患看護」とは

慢性呼吸器疾患看護

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

慢性呼吸器疾患看護の認知看護師になる前に読んでおこう認定看護師の中でも、新しい慢性呼吸器疾患看護です。喫煙や有毒ガスの吸入がきっかけになり、息切れなどが止まらなくなる、慢性閉塞性肺疾患などの看護を行なうスペシャリストです。時には死ぬよりも辛いと言われる疾患に苦しむ患者を看護します。肺の機能を維持させ、向上させる仕事です。命を維持する呼吸のリハビリテーションを行なうプロフェッショナルです。看護の本質を実感できる専門分野です。

さて、慢性呼吸器疾患看護のスペシャリストになりたいあなたに質問です。あなたの夢は、今の職場で叶いますか?認定看護師になるためには、職場の全面的なバックアップがなければ、実現できません。

「職場のパワハラがひどい」
「希望の部署に回してもらえない」
「師長の理不尽な独断で人事が回されている」
「まともに勤務できる職場ではない」
「人間関係が最悪」
「看護師に向いていないなど、言葉の暴力を受ける」
以上のような病院で働いているとすれば、職場を変えた方が良いです。

1.専門分野の実務経験が必要
2.教育機関に通う間は、病院を離れなければならない
現在の職場がサポートしてくれない限り、認定看護師の夢は近づきません。

■専門分野の実務経験が必要

人事に関して、看護師の希望を聞いてくれない病院はあります。師長の独断と偏見、あるいは個人的な感情で、異動が決まってしまう病院も、恐ろしいですが実際にあります。師長に気に入ってもらえず、慢性呼吸器疾患看護とは程遠い部署に回され続けたら、あなたはいつ、経験を積むのですか?認定看護師の学校に行けば分かりますが、全国から経験を積んだ猛者たちが集まります。その猛者たちですら、授業についていけないと悩むレベルの世界です。自分のキャリアに向けて計画的に経験を積めないままでいると、いつまで経っても夢に近づけません。

■教育機関に通う間は、病院を離れなければならない

あなたの病院は、あなたの夢をどれだけバックアップしてくれそうですか?「認定看護師を受けてみない?病院はあなたの帰りを待っているから」と言ってくれる、夢のような病院ばかりではありません。籍を残してくれるだけでなく、教育機関の授業料と給料の一部を補助してくれる病院ばかりなら、誰も悩みません。実際は、認定看護師に対する理解が低く、補助などが一切ない病院もたくさんあります。

あなたの病院はどうですか?バックアップの薄い病院なら、あなたが認定看護師になって帰ってきた所で、与えられる仕事が変わらない可能性もあります。他の看護師に対しての教育や相談を行なう場も与えられず、給料も据え置きで、単なる看護師として扱われる可能性もあります。その様な職場なら、転職をしたくなります。見ている世界が違ってしまう寂しさを感じます。

将来的に転職をする可能性が高いなら、今のうちから転職を考えてしまった方が良いです。認定看護師になるバックアップも受けられますし、資格取得後も活躍の場を約束してもらえます。看護職の転職サービスは充実しています。登録するだけで、あなたの希望に沿った転職をサポートしてくれます。登録だけでも構わないので、動いてみましょう。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ