「小児救急看護」とは

小児救急看護について

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

小児救急看護の認定看護師になる前に、読んでおこう!小児救急看護は、ニーズの高い分野です。核家族化が進み、家庭内で子供の健康を維持する知恵が失われつつあります。小児科医が不足し、より一層、看護師の対応力が求められる時代になりました。そうした流れを受けて、全国で活躍する認定看護師の数も、少しずつ増えています。子供は財産です。その子供を救う、小児救急看護の認定看護師になりたいあなたの夢は、素晴らしいと思います。しかし、今一度、足元を見つめて下さい。今働いているあなたの職場で、認定看護師になれますか?

1.小児救急の分野で、実務経験が3年以上必要
2.仕事を離れて教育機関に通っている間は、病院のバックアップが必要今の職場で、実務経験を積めますか?バックアップは受けられますか?仮にNoなら、病院を移った方が良いかもしれません。

■小児救急の分野で、実務経験が3年以上必要

あなたの今の職場で、経験が積めていますか?認定看護師の学校に集まる研修生は、全国の総合病院の小児科や、子ども病院、救急病院から集まってきています。皆、それぞれの職場で経験を積んで、その経験を持ち寄って研修に参加しています。あなたは、今の職場で経験が積めていますか?病院の都合や師長の独断で他科に回されていたら、経験は蓄積されません。

仮にあなたの勤務先が、小児科医の不足で、小児科を潰した病院だとしたらどうしますか?あなたはどうやって、経験を重ねるのでしょうか?認定看護師とは、特定の分野におけるスペシャリストです。スペシャリストになるためには、計画的にキャリアを作っていかなければなりません。仮に今、経験が積めていないのなら、居残っている理由はありません。

■仕事を離れて教育機関に通っている間は、病院のバックアップが必要

教育機関は、6ヶ月ほど続きます。その間は、週5日以上授業があるので、仕事は離れなければなりません。極端な言い方をすれば、無収入になる可能性もあります。家庭を持ち、自分の子供を持っていたら、中々思い切れない選択です。家の近所に学校がなければ、半年間、単身で引越しをしなければなりません。この期間、あなたの病院は、バックアップしてくれそうですか?籍を残してくれて、「帰ってこいよ」と、送り出してくれそうですか?中にはその研修の半年間、給料の一部を出してあげる病院すらあります。数十万円の授業料を補助してくれる病院もあります。あなたの職場はどうでしょうか?全額自費ですか?バックアップ体制がない病院は、注意が必要です。認定看護師になって帰ってきても、専門性を活かした仕事を、させてもらえない可能性もあります。給料も変わりません。

どうでしょう?良く考えてみてください。何のバックアップ体制も整えてくれないなら、籍も残してもらえません。結局は離職せざるを得ないのです。将来的に離職するのなら、今のうちにバックアップを受けられる病院に動いた方が賢いです。

看護師の世界は転職支援サービスが発達しています。登録して相談すれば、転職支援のスタッフが、あなたにぴったりの病院を見つけてきてくれます。夢を叶えるために、今すぐアクションを起こしましょう。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ