「救急看護」とは

救急看護について

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

救急看護の認定看護師を目指そう!救急看護は、緊急性の高い症状を抱えた患者を扱います。変な言い方ですが、人の役に立っているという実感が得やすい仕事です。

1、時と場所を選ばずに起こる緊急性の高い患者の傷病を助けられる
2、患者の家族を励ませる
緊急の傷病は、どんな人にも起こる可能性があります。ニーズが永遠になくならない分野です。その分野での専門性を極めた認定看護師に、活躍の場はいくらでも用意されます。

■時と場所を選ばずに起こる緊急性の高い患者の傷病を助けられる

傷病の話だけでなく、この世の中のトラブルは、大きく分けて4種類に分けられます。

上に行くほど、問題解決に夢中になり、下に行くほど夢中になりません。例えば病院の救急外来に運ばれてくるような患者は、緊急であり、重要な問題に直面しています。事故で怪我をしたのかもしれません。食中毒で下痢と嘔吐に苦しんでいるのかもしれません。緊急の治療を必要としており、かつ放置しておけば命にかかわるので、重要な問題となっています。救急看護の認定看護師は、緊急であり、重要な問題を解決するスペシャリストです。当然ですが、問題が解決すれば、患者はとても喜んでくれます。人に喜ばれて、人助けをして嬉しくない人は、少なくとも看護師の中には居ないはずです。

■患者の家族を励ませる

家族は一心同体です。その家族の一員が、救急外来に運ばれれば、家族は自分の苦しみのように思い悩みます。家族にとっても、緊急であり、重要な問題です。

救急看護の看護師は、患者を看護していればお終いではありません。患者の家族の精神的ケアまで、看護師には求められます。患者を助け、その家族を助ける仕事です。緊急かつ、重大な問題が解決されれば、患者だけでなく、家族からも喜ばれます。看護職の中でも、最もやりがいを感じやすい分野の1つです。

さて、その救急看護の認定看護師を目指しているあなた、今の職場で、目指せそうですか?ご存知の通り、認定看護師になるためには、救急看護に関する実務経験が必要です。 師長の独断と偏見で、他科を回されているようでは、いつまで経っても、認定看護師にはなれません。経験が浅いまま、仮に認定看護師の教育機関に進学したところで、授業には付いていけません。認定看護師の取得を高く評価し、バックアップしてくれる病院はあります。

仮に今居る職場がそうでないなら、思い切って転職を考えた方が得策です。民間の転職支援サイトなどに登録をし、自分にぴったりの病院を探してもらいましょう。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ