「感染管理」とは

感染管理について

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

感染管理の認定看護師は、病院の数だけ、活躍の場所があります。感染管理のスペシャリストである認定看護師になれば、どれだけでも求人が舞い込んできます。

1.保健医療施設において、感染を防ぐ仕事
2. 微生物学など、苦手意識を持っている看護師が多い
以上の理由から、将来の活躍の場は、いくらでも広がります。

■保健医療施設において、感染を防ぐ仕事

病院、クリニック、保健所などには、様々な人が出入りします。患者、医師、看護師はもちろん、事務員、出入りの業者など、様々です。そうした人々が、微生物や菌に感染しないように管理する仕事をします。日本にはおよそ9,000の病院がありますが、9,000の病院全てが、ある意味で感染管理のスペシャリストを求めています。その分野で、スペシャリストとして認められる認定看護師は、文字通り引っ張りだこです。特に大病院を中心に、多くの人間が出入りする場所では、スペシャリストの確保が急務となっています。

■微生物学など、苦手意識を持っている看護師が多い

感染管理には、疫学、微生物学、消毒と殺菌、その他関連する法律や規則の知識が必要です。しかし、微生物学は、苦手としている看護師が多いです。どうですか?あなたも苦手ではありませんか?皆の理解が深くない分野ですし、普通の看護師が避けたくなる分野です。あなたも、苦手意識を持っていれば、目をつむりたくなる分野ですよね?

しかし、「認定さん」は違います。「何でそんなに、詳しいのですか?」と聞いてみましょう。「教えてもらったからだよ」と、応えてくれるはずです。皆が苦手とする微生物学の分野も、認定看護師の養成所では、分かりやすく理解させてもらえます。薬剤師や検査技師の講義と演習を通じて、完璧に理解させてもらえます。裏を返せば、皆が苦手としている分野を、認定看護師は理解しています。他の看護師との差別化が、はっきりします。人材の魅力度が、高まるポイントとも言えます。

さあ、いよいよ認定看護師を目指したくなってきましたね。ですが、今の病院で認定看護師は目指せますか?豊富な実務経験が必要です。何より半年間、職場を離れなければならないので、病院の理解とバックアップも必要です。仮に目指せるような状態でなければ、転職を考えなければなりません。

転職支援サイトに登録して、キャリアコンサルタントに希望を伝えましょう。最高の病院を紹介してもらえます。感染管理は一生の仕事になります。息の長い仕事なので、最高の環境、最高の待遇を提示してくれる病院を選びましょう。認定看護師になるためのバックアップをしてもらったら、その恩返しとして、定年まで勤め上げるのも、良いかもしれません。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ