- 不妊症看護 | 認定看護師を目指す前に読むサイト!

「不妊症看護」とは

不妊症看護について

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

不妊症治療は、日本の未来を救う仕事です。子供は国の財産であり、未来の日本を作る貴重な人材です。その子供を作りたいと考える夫婦の支援をする仕事が、不妊症治療です。その治療に関して、スペシャリストの視点で参加する、やりがいのある仕事です。

不妊症看護の主な仕事は、患者の精神的なケアです。子供が産めずに苦しんでいる夫婦の不安を受け止め、治療の選択で怖がっている夫婦の背中を押してあげる仕事です。生半可な知識や経験では、不妊症に悩む患者と、まともな会話すら出来ません。まともな会話ができない看護師に、精神的なケアが、出来るわけもありません。

そのために、不妊症の看護に関する勉強を、もっと深めたいと思う気持ちは、看護師のあなたなら、自然かもしれません。ところで、突然ですが、あなたの職場で、認定看護師を目指せますか?不妊症看護の認定看護師になりたい気持ちは理解できますが、認定看護師の取得は、病院のバックアップが必要です。

1.不妊症看護の実務経験が3年必要
2.6ヶ月間の勉強期間を、病院の側に用意してもらわなければいけない
以上の理由から、病院の協力が必要です。仮に病院の協力を得られないなら、あるいは不妊症治療の現場に立たせてもらえないなら、転職を考えなければいけません。

■不妊症看護の実務経験が3年必要

認定看護師になる際には、専門に関する3年間の実務経験が条件になります。仮にあなたが認定看護師になりたいと思っても、不妊症治療の現場に立たせてもらえないなら、スタートラインにすら立てません。不妊症の治療に参加したいのに、病院の都合や師長の独断で皮膚科に回されていたら、話になりません。関連する科に回してくれないなら、自らアクションを起こすしかありません。

■6ヶ月間の勉強期間を、病院の側に用意してもらわなければいけない

認定看護師になるためのステップを、簡単におさらいします。

→看護師→実務経験→認定看護師教育機関→審査→認定看護師

教育機関の通学は6ヶ月です。6ヶ月間、学校のある土地に引っ越して、ほぼ毎日、勉強をします。働きながらの勉強は不可能です。仕事を休まなければなりません。バックアップの充実している病院なら、休職を認めてくれるだけでなく、給料の一部、授業料の一部を支払ってくれます。認定看護師の資格取得に協力をしてくれない病院の場合は、授業料も全額自費です。給料も約束されないばかりか、籍すら残してくれないケースもあります。つまり、離職しなければならないのです。将来的に離職せざるを得ないなら、早く動いてしまった方が得です。看護師は売り手市場です。今のままでも十分評価してもらえます。まずはバックアップ体制の優れた病院に、転職を行ないましょう。

「でも、認定看護師のバックアップ体制が優れている病院を、どうやって探すの?」と悩んでしまうあなたは、例えば転職支援サイトに登録をして、担当スタッフに教えてもらいましょう。最高の求人を用意してくれます。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ