「摂食・嚥下障害看護」とは

摂食・嚥下障害看護について

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

摂食・嚥下障害看護の認定看護師を目指す前に摂食・嚥下障害看護は、これからの時代、ニーズの増える分野です。高齢社会の進行と共に、食事を満足に取れない高齢者が増えると予想されます。病院、介護施設、在宅看護など、様々な場所で、スペシャリストの人材が求められています。その分野での専門家が、摂食・嚥下障害看護の認定看護師です。認定看護師になれば、この方面から、引っ張りだこの人材になれます。ところで、現在の職場で、本当に認定看護師になれますか?

1.摂食・嚥下障害に関する実務経験が3年以上必要
2.病院のバックアップが必要
認定看護師になるには、現在勤めている病院の協力がなければ、実現ができません。

■摂食・嚥下障害に関する実務経験が3年以上必要

認定看護師になるには、通算5年の実務経験が必要です。また、その5年の内、3年以上は、自分の極めたい専門分野での経験が必要になります。今所属している病院で、実務経験が積めそうですか?病院の都合や師長の偏見で異動をさせられたり、あなたの希望を全く反映していない科に配属されていたりしたら、夢の実現は遠のきます。

■病院のバックアップが必要

病院のバックアップは必要です。何しろ、認定看護師になるために、6ヶ月近く教育機関に通わなければなりません。その間は、無収入になりますし、慣れ親しんだ街を離れなければいけないケースもあります。勤務する看護師に対し、積極的な支援をしている病院もあります。教育機関に通っている半年間、休職扱いにしてくれるだけでなく、給料の一部、授業料の一部を支払ってくれる病院すらあります。あなたの病院はどうでしょうか?良く考えて下さい。

仮にあなたの病院が、バックアップしてくれないとしたら、注意が必要です。あなたが自費で認定看護師を取得した後に帰ってきても、活躍の場を与えてもらえないケースもあります。認定看護師を取得したものの、任される仕事の内容も、年収も、何も変わらないのです。極端な言い方をすれば、「自分で勝手に取ったんだろ?」と言う病院側のスタンスです。

あなたの専門技術を特別視してしまうと、あなたに特別な給料を支払わなければいけなくなります。高騰する人件費を抑えたい病院は、あなたの認定看護師を全く評価しない可能性もあります。「そんなの、ありえないよ!」と、あなたは思うかもしれません。しかし、実際にそのような悩みを抱えている看護師は、居るのです。

あなたの働く病院が、認定看護師の取得を評価をしてくれないのなら、転職する必要があります。看護師の世界は転職がネガティブに考えられませんし、転職支援サービスも充実しています。サービスに登録をして、バックアップしてくれる病院を、探してもらいましょう。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ