認定看護師の手当について

認定看護師の手当は厚いのか?

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

看護師の給与には基本給に加え、さまざまな手当がつきます。最も大きいのは夜勤手当でしょう。1ヶ月に夜勤をどれだけ担当したかで月収に数万円単位の違いが出てきます。そんな看護師の手当のひとつに資格手当があります。看護師の業務に役立つ資格を取得していることで毎月一定支給を受けられるのです。

では認定看護師についてはどうでしょうか?この資格を取得したからといってすぐに年収アップに結びつくケースは少ないといわれますから、支給を受けられるかどうかは大きなポイントです。この点については実際のところどのような状況にあるのでしょうか。

わざわざ勉強して資格を取得したのだから受け取れるのは当然と思っている人も多いでしょう。しかし実態はそんな簡単ではないようです。あるデータでは資格を取得したことで支給を受けている看護師は全体の4分の1、そのほかの実に4分の3はまったく受け取っていないのです。このデータを見てもにわかに信じられない人も多いでしょう。残念ながらまだこの資格そのものに対する評価や認知度が充分ではないこと、またもともと看護師の仕事は実績が重視される傾向が強いため、資格の取得が必ずしも高評価に結びつくとは限らない面も支給が進んでいない理由として挙げられます。この点は年収アップに結びつかない点と共通しています。

では受け取れる場合にはどの程度の金額となるのでしょうか。これも資格取得を目指している人にとっては少々厳しいデータがあり、全体の約4割が月5000円未満、約2割が5000円以上1万円未満。1万円以上の支給を受けているのは全体の約3分の1ほどに留まっています。

支給額に関しては医療機関の事情によって大きく異なってきます。認知症や救急看護、感染管理、透析看護など、特殊な治療を行っている医療機関では認定看護師のスキルが重視されるため、資格手当も多くなる傾向が見られます。つまり資格取得で身につけたスキルがどの程度活かせる環境かどうか、医療機関側がそのスキルを必要としているかで決まってくるのです。職探しをする場合には宝の持ち腐れにならないように注意したいところですね。

しかし手当が支給されない、金額が少ないからといってその職場は恵まれていないとは言い切れないのが難しいところ。支給が少ない一方、資格が昇給・昇進に役立つケースもあるからです。この点も踏まえつつ、あまり手当にこだわらず、やりがいをもって働ける職場を探していくことが大事なのでしょう。職探しの際にはこの点を見失わないようにしたいものです。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ