認定看護師の平均年齢

認定看護師の平均年齢

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

何らかの看護分野において看護知識とスキルが特筆していると認められた看護師が認定看護師です。認定看護師になるためには日本看護協会が実施している認定看護師認定審査を通過することが必要です。認定審査を受ける条件としては、看護師・助産師・保健師のどれかの免許を取得していて、認定看護分野の経験が3年以上を含む5年以上の実務経験が必要になります。その条件を満たした上で半年間の認定看護分野ごとの教育課程を受けて、さらに先に挙げた試験に合格することではじめて認定看護師になれるのです。つまり、いくら最速であっても25歳以上の年齢になってしまいますし、実際は早くても20代後半になります。ただ認定看護師として勤務する場合に年齢制限が設けられていることはほとんどなくて、資格を取得することにより働ける環境が整う部分はあります。

では、認定看護師の男女別の平均年齢はどうかというと、男性では平均年齢は35.2歳で女性は平均年齢が38.3歳と女性の方が男性よりも高めになっています。この背景には、男性看護師自体の数が少なくて認定看護師が少ないということがひとつ考えられていますし、男性よりも女性の方が勤続年数は平均して長いことも理由としてあります。その他にも考えられる理由としては、看護師の求人で年齢制限を設けるケースは少ないのですが、実際の看護や介護の現場で勤務するには体力が必要で、その為に若い年齢層が職場に集まる傾向にあるからです。特に男性看護師の場合には、体力が必要となる職務内容というケースが多いことで、体力的にも余裕がある20〜30代前半で構成される傾向があります。

このような現状を考慮すると認定看護師として働くには年齢制限は定めていないけれども、職務内容を考えると一定の年齢に偏ってしまうことがあります。周囲のスタッフと極端に年齢が離れすぎてしまうと職務に影響する可能性も考えられます。より働きやすい職場環境で認定看護師として働くことを考えると、病院の平均年齢を調べて自分と同年齢のスタッフがある程度いる職場かをチェックしておくと良いです。

病院の看護の質を示す指標のひとつになっていることから認定看護師の需要は年々高まる傾向にあります。また大規模な病院では教育制度が整っていて看護師としてのスキルアップが着実にできるケースも多いですし、専門看護師や認定看護師の資格取得をサポートしてくれる病院もあります。将来的に資格取得を目標にしているのなら、教育制度を考慮して求人情報を確認してみてみることも必要です。ただし、その時は現在の年齢を意識する必要はあります。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ