認定看護師の種類について知ろう!

認定看護師の種類

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

認定看護師と一口に言っても、現在、21種類の専門が分かれています。認定看護師とは、特定の分野で専門性を認められた人です。何でも出来るオールラウンダーではありません。ところで、何で専門が21種類も細分化されているのでしょうか?

1.医療の世界は幅が多く、全てを極めるなど不可能
2.教える側も、特化して教えた方が、教えやすい
学問は長く、人生は短いのです。

■医療の世界は幅が多く、全てを極めるなど不可能

医療の世界は、多岐にわたります。医師が自分の専門を磨いていくように、看護師も自分の専門を極めていった方が、キャリアは磨きやすいのです。考えて下さい。何でもできるオールラウンダーには、なれません。レオナルド・ダ・ビンチや空海のような天才ならまだしも、一般の人間には限界があります。出来るだけ視野を広く持ちつつも、「自分はこれだ」と決めた道をまっしぐらに走らないと、結局何も極められないまま、引退の時期がやってきます。

現在、認定看護師の専門分野は21種類あります。救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護以上の21種類になります。認定看護師になりたいと考えるあなた、質問です。希望する専門分野で、経験を積めていますか?

■教える側も、特化して教えた方が、教えやすい

認定看護師になるための学校も、専門分野毎に、分かれています。校舎そのもの、会場そのものも違います。例えば、皮膚・排泄ケアの看護を極めたい人向けの教育は、北海道、宮城、東京、長野、新潟、静岡、京都、岡山、福岡にある会場に通います。一方、集中ケアの看護を極めたい人向けの教育は、東京と神奈川、福岡にある会場を使って勉強します。どうして専門毎に、全国、ちりぢりに分かれるのでしょか?教える側も、教えやすいからです。全分野を学べる生徒も居ませんが、教えられる教師も居ません。レオナルド・ダ・ビンチや空海は、教授の側にも居ないのです。

それだけ、看護の世界は広大で、奥深いのです。病院の側の都合で、異動をさせられて、もんもんとしている場合ではありません。時間ばかりが過ぎていきます。学問は長く、人生は短いです。仮に現在の職場が、自分の専門にしたい仕事をさせてもらえない場所なら、転職した方が良いはずです。胸に手をあてて、自分に聞いてみましょう。看護職の転職支援サービスは、とても充実しています。登録をして、相談だけでも、持ちかけてみましょう。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ