認定看護師のメリット・デメリットについて

認定看護師になるメリット・デメリット

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

専門分野における看護師としての経験やスキルを磨かなければ認定看護師になることはてきません。認定看護師を目指すのなら認定看護師になるメリットとデメリットは何かを理解して検討する必要があります。

認定看護師になることのメリットにはいろいろとありますが、そのひとつが給料アップの可能性があるという点です。勤務先の給与形態も関係してきますが、認定看護師手当が付くことにより給料がアップするケースが多いです。ただし、この点は認定看護師を必要としている医療施設だけに当てはまることで、特別必要としていない勤務先では期待できない可能性も考えられます。特定分野のスペシャリストになれることもメリットのひとつです。認定看護師の資格取得できるだけの知識は、専門医の知識にも匹敵しているとも言われていて、医師との関係性にもよりますが対等な立場で意見を交換が可能になります。そのような知識を持っていることから、職場によっては重要な職務を担ったり、職位があがったりする可能性も考えられます。

そうしたメリットがある一方で、認定看護師になるデメリットも少なくありません。認定看護師になるには、すべて合わせて20〜30万円程度の費用が必要になりますし、5年毎に更新が必要で更新料が3万円かかります。また、資格取得のためには最短でも1年程度の時間が必要になって、仕事が休みの日でも認定看護師になるために時間を費やさなければならなくなります。このように資格取得には費用が発生し時間が必要なになる点はデメリットと考えることができます。

メリットで給与がアップする可能性があると言いましたが、職場によっては給与が減額になることもあります。認定看護師になることで手当てが支給されても、病棟手当や夜勤手当がなくなったり、夜勤自体から外されたりすることで給与ダウンになってしまうのです。それから認定看護師になっても看護師不足の職場では通常の看護師業務をこなさなくてはいけません。その為に、認定看護師としての業務と通常業務の2つを行う必要があって激務になり膨大な業務内容のために体調を崩してしまうこともあるのです。給与のダウンや現状より忙しくなることは、大きなデメリットと言えます。

このように認定看護師になるにもメリットやデメリットがあります。せっかく取得する認定看護師の資格ですから、デメリットを少しでも感じないようにする必要があります。その為には、メリットが生かせる職場を選択することが大切で、認定看護師を必要とする職場を選択することが重要なポイントになります。

認定看護師求人サイトランキング
看護師転職人気サイト第1位 ナースフル
利用料金 全て無料
公式サイト ナースフルの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第2位 ナース人材バンク
利用料金 全て無料
公式サイト ナース人材バンクの詳細はコチラ

看護師転職人気サイト第3位 マイナビ看護師
利用料金 全て無料
公式サイト マイナビ看護師の詳細はコチラ